機械や装置が好き。その気持ちさえあれば、愛電で楽しく働けます。

Profileプロフィール

新卒採用技術部 山岸聖虎 YAMAGISHI MASATO

2019年入社

山岸さんは、4年生大学の工業学部で機械分野を専攻後、愛電の技術部に入社しました。大学で学んだ分野とは異なる業務が多いものの、山岸さんはFA機器の設置・配線などの技術支援やトラブル対応などを担い、着実に技術者としてレベルアップし続けています。「愛電の一流の技術者ばかり。一日でも早く追いつきたい」と語る山岸さんに、愛電の仕事の魅力や入社した理由などを伺いました。

Schedule1日のスケジュール

8:20
出社
少し早めに出社。リラックスして仕事の準備をします。
8:50
始業
メールチェックとその日のスケジュールを確認します。
10:00
作業
基本的に会社内で作業を行いますが、社内のミーティングに出席することもあります。
12:00
昼休憩
自分のデスクで昼休憩を取ります。しっかりと自分なりに過ごせます。
13:00
問い合わせ対応など
営業担当者やお客様からの問い合わせに対応します。
14:00
技術支援
FA機器の設置や配線などをお客様の工場で行うこともあります。1日1現場以上、案件があることはほとんどありません。
17:30
終業
基本的に定時退社。残業はほとんどありません。

普段の業務・仕事内容を教えてください。

FA機器や装置の技術支援を行っています。技術部の仕事は幅広く、同じ部署でも担当者によって作業内容は異なります。私の場合、導入した機器のトラブル対応や営業からの質問に回答するほか、配線・設置などの実作業を行います。私たちの仕事は「前回はこう対処したから、今回も同じようにすればいい」ということはほとんどありません。同じ装置でも現場によって、適切な対応は千差万別です。ただ、愛電の「技術者を育てる」という文化のおかげで楽しく働きながら成長できました。入社後から1年かけて力学や設計の基礎をじっくりと学べたほか、個々のレベルに合わせて上司や先輩が仕事を細かく振ってくれるため、着実に技術を磨いてレベルアップできる環境が整っています。私の場合、アシスタントとして先輩の仕事を手伝いながら、営業担当の内部的なやりとりからスタート。徐々に配線や設置の技術支援を任せてもらえるようになり、今ではお客様との打ち合わせに出席する機会も増えてきました。技術者として一人前になるには10年以上かかります。まだまだ未熟ですが、技術を磨いて一流の先輩方と同レベルで会話できるようになりたいです。

仕事で「楽しいこと」と「大変なこと」を教えてください。

仕事で「楽しいこと」と「大変なこと」を教えてください。

大学で学んだこと分野とは異なる領域へのチャレンジだったので、最初は大変でした。愛電の業務は電子系や配線、プログラミングが多く、実際、入社当初は戸惑うことも多かったです。また、装置は工場の製造ラインに取り付けることが多く、故障して製品を造れなくなってしまった場合、顧客の事業そのものに大きな悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、トラブル対応やFA機器を設置する際は責任やプレッシャーを感じることもあります。例えば、大規模な工場のパイプラインに対応したときは、FA機器の動作にとても気を使いましたね。もし、工事が長引いてしまったらお客様の損失につながりかねませんから。ただ、その分、問題を解決した巨大な機械が動き始めた時は、これまで味わったことのない感動を覚えました。

学生や入社を希望されている方へ、メッセージはありますか?

愛電の技術部は、ゆったりとした雰囲気でとても居心地が良いですね。職人気質な先輩もいますが、みなさん忙しくても業務に関わる質問には、いつでも丁寧に答えてくれる方ばかり。私も後輩には同じように接するよう意識しています。また、残業がほとんどなく働きやすい環境なのも愛電の魅力です。技術部は個々の担当者の業務は大きく異なるので、設計などを行っている人は納期が近くなると休日出勤することもあるようです。ただ、その際でもきちんと代休を取得できるので、毎日、夜中まで機械やパソコンとにらめっこする職場ではありません。働きやすい環境でコツコツと自分の技術を磨きたい。そんな技術者にとって、愛電は魅力的な職場だと思います。

入社を決めた理由

入社を決めた理由

私は、就活時の会社選びに職場の雰囲気を重視しました。その理由は、理系とはいえ「専門知識を全て活かせる会社は少ないから」です。だからこそ、未経験の分野であっても極端にやりたくないこと以外は選択肢に入れたのです。それに加えて、ある企業に見学に行った際、技術者がみんな暗い顔で仕事していたのを見たことがあり、技術者として腕を磨くには長く働ける職場の雰囲気が重要だと考えました。愛電は穏やかで丁寧、いきいきと仕事している印象があったので未経験でも思い切って飛び込むことに決めました。職場環境は良好なので、装置や機械が好きで、それを動かすためのノウハウとテクニックを得るためのリサーチが苦にならない人であれば、愛電はきっと素晴らしい職場になるといいます。

Privateプライベート

休日の過ごし方を教えてください。

休日は趣味にあてて、思う存分楽しんでいます。趣味は釣り、DIY、ゲームなどアウトドア・インドア幅広く、釣った魚は自分でさばいて食べています。午後5時30分の終業と同時に基本的にそのまま帰ることができるので、平日でも趣味を楽しめるのは仕事に集中するためにもとても重要だと思います。

  • 新卒採用岡下葵 OKASHITA AOI
  • 新卒採用山田 保之YAMADA YASUYUKI
  • 新卒採用諸冨 彩MORODOMI AYA