未経験からエンジニアに。愛電に支えられて成長してきた。

Profileプロフィール

新卒採用新規事業部
セールスエンジニア 
山田保之 YAMADA YASUYUKI

2013年入社

入社してからセールスエンジニアとして、FA機器などのソフトウェア開発を担当しています。顧客との打ち合わせにも同席し、上流から下流工程まで携わる山田さんですが、実は入社当時はプログラミングを学んだことはほとんどありませんでした。「自分が成長できたのは愛電の社風とサポートのおかげ」と語る山田さんの業務と愛電で働くやりがいなどを聞きました。

Schedule1日のスケジュール

8:30
出社
少し早めに出社し、その日のタスクを確認します。
8:50
始業
朝礼をしてから業務がスタート。まずはメールチェックなどを行います。
9:00
修正対応
複数のタスクをこなすのではなく、一つの案件に集中して取り組むようにしています。お客様からの修正依頼はメイン業務の一つで、午前中に行うことが多いです。
12:00
昼休憩
お昼ごはんはお弁当をデスクで食べます。
13:00
ソフト開発
新規のソフト開発は基本的に午後に行います。ただ、納期や案件によって流動的で、自分でスケジュールを組んでやりやすいように調整しています。
15:00
打ち合わせ
お客様の工場や現場に足を運んで、仕様などについて話し合います。打ち合わせがない場合は、ソフト開発などの作業を午後いっぱい行います。
17:50
終業
基本的には終業時間で作業は終了。飲み会は少ないので、だいたいは真っ直ぐ家に帰ります。短納期の案件がある日は19時くらいまで残業することがあります。

普段の業務・仕事内容を教えてください。

多種多様なFA機器には、それらを制御するためのソフトウェアが欠かせません。私はそのなかでも、異物混入などを防ぐための画像解析に関わるソフト開発業務を主に行っています。セールスエンジニアという肩書きですが、営業というよりかは技術を主に担っています。ただ、作業するだけでなく、不具合の修正や新規導入の際に現場に立つ機会も少なくありません。FA機器の新規導入の際は、要件定義以降の上流工程はお客様とのヒアリングが重要ですし、導入後のフォローも対応しなければなりません。案件が重なると残業しなければならないこともあり、楽なことばかりではないですが、それでもエンジニアのキャリアアップに欠かせない経験が積める環境であることは、間違いありません。また、段階的に業務を任され、上司・先輩がどんなに忙しくても質問にはしっかりと応えてくれる愛電の環境のおかげで、未経験からここまで成長できました。

仕事で「楽しいこと」と「大変なこと」を教えてください。

仕事で「楽しいこと」と「大変なこと」を教えてください。

FA機器や画像認識装置の修正・不具合が発生した際、一刻も早く正常に戻さなければ、お客様に大きな負担をかけてしまいます。その責任が大きいからこそ、エンジニアの仕事のやりがいや達成感は大きいと考えています。不具合の修正で最も難しいのは、「原因の追及」です。電話で状況をヒアリングすれば判明することもありますが、時には現場で確認しなければ把握できないケースもあります。数週間、毎日朝5時に起床し、お客様の工場に午前8時に到着して作業した案件は正直、かなりキツかったですね。その反面、問題を解決できたときの喜びはとても大きかったです。「エンジニアをやっていて良かった」と思えた瞬間でした。仕事をする際、エンジニアの先輩から言われた「お客様第一で、自ら考えて動く」ということを心がけています。

学生や入社を希望されている方へ、メッセージはありますか?

専門学校への再入学や、異分野への就職など、これまでの経験とは異なる進路を選択してきましたが、就活や会社選びについても「やってみたい」、「興味がある」という思いを重視してきました。愛電を最終的に選んだのは、「裁量をもって仕事ができる」とか「会社の雰囲気が良かった」という理由ですが、選考を受けようと思ったのはFA機器などに興味を持ったからです。仕事をするなかで、良いことも悪いこともありますが、その感覚を維持し続けられるのであればどんな仕事であっても楽しく、続けられると思います。愛電は、穏やかな社風ながらもチャレンジする人を応援してくる文化が根付いています。私もソフトウェア開発の腕を磨きながら、社内業務の効率化の実現に向けて色々と提案しています。異分野からのチャレンジでも大丈夫。機械や装置に興味がある人なら、長く、楽しく働ける会社だと思います。

入社を決めた理由

入社を決めた理由

私は、大学時代は文系で心理学を学んでいました。ただ、1年生のときに自身のキャリアや仕事の将来性を考え、大学を中退。電気・電子系の専門学校に入り直しました。当時は親や周囲からは心配されましたが、結果的には正解だったと思います。ずっと興味があった分野でしたし、あの決断がなければ、愛電に出会うこともありませんでした。ただ、結局、専門学校で学んだ電子とは関係が薄いソフト開発の業務を行っているんですけど(笑)。未経験の分野にチャレンジしたいと思ったのも、愛電から話をもらったときに「やってみたい」と思ったことが全てですね。やってみたいから挑戦して、面白かったから続けられている。とてもシンプルですけど、入社を決める際は重要な選択だったと思います。

Privateプライベート

休日の過ごし方を教えてください。

休日は、ロードバイクに乗って体を動かしています。普段はデスクに座ったパソコン作業が多いため、体を動かすのはとても良いリフレッシュになりますね。また、温泉も好きで各地の名湯を巡っています。

  • 新卒採用岡下 葵OKASHITA AOI
  • 新卒採用山岸 聖虎YAMAGISHI MASATO
  • 新卒採用諸冨 彩MORODOMI AYA