営業所のチームをサポート。愛電は、地元をさらに好きになれる会社です。

Profileプロフィール

新卒採用業務課
営業事務
諸冨彩 MORODOMI AYA

2019年入社

福岡営業所に2019年に入社した諸冨さんは、営業事務としてチームを支えています。福岡生まれ、福岡育ちの諸冨さんは就活時にも地元の久留米市の会社で働くことを第一志望に掲げていました。全国9カ所に拠点がある愛電。地方の営業所で働く魅力はどんなことがあるのでしょうか。諸冨さんに地元で働く楽しさと営業事務の仕事について伺いました。

Schedule1日のスケジュール

8:30
出社
少し早めに出社。月曜日は事務所を掃除します。
8:50
始業
FAXとメールをチェック。熊本営業所との打ち合わせにも出席します。
10:00
営業担当のスケジュール確認
営業担当のスケジュールを確認して、作るべき資料などを確認します。
12:00
昼休憩
事務所の先輩方と一緒にお弁当。リラックスして午後に備えます。
13:00
発注書・見積書の作成
営業事務の重要な業務である発注書や見積書を作成します。
14:00
納期の調整
製品の納期をメーカー・お客様の間に立って調整します。
15:00
伝票処理
各種伝票をミスなく、適切に処理します。
16:00
電話対応
就業中はいつでも電話対応します。
17:30
終業
基本的に定時退社。残業はほとんどありません。

普段の業務・仕事内容を教えてください。

営業担当者と連携した受発注や見積書の作成、メーカーへの問い合わせ、納期の調整、伝票処理などの業務を先輩社員と2人で行っています。特に見積書、契約書、発注書、納品書、請求書などの書類作成は重要な業務で、ミスなく円滑に行わなければなりません。また、書類作成以外にも、外出や会議が多い営業担当者の方がより仕事をしやすいようにサポートすることも、営業事務の大切な仕事です。そのためには小まめな気づかいが重要で、最近では営業担当者のスケジュールを確認し、先回りして連絡したり、積極的に顧客とコミュニケーションしたりして、親好を深めるなど意識しています。

仕事で「楽しいこと」と「大変なこと」を教えてください。

仕事で「楽しいこと」と「大変なこと」を教えてください。

FA機器は工場だけでなく、小売りや物流など幅広い業界に導入されているため、学ばなければならないことがたくさんあります。私は業界経験ゼロからのスタートだったため、最初はFA機器の専門分野や商品の知識が足りずにミスすることもありました。また、納期調整が上手くいかずに失注してしまったときは本当に悔しかったです。ただ、困ったときや、つまずいた際は、営業所の先輩たちからアドバイスをいただけたおかげで、なんとかやっていくことができました。先輩たちは業務上の質問はもちろん、身に付けておくべきスキルやキャリアについても丁寧に教えてくれるので本当に感謝しています。その結果、円滑に業務を進められたり、お客様に名前を覚えていただいたり、受注につながったときは、大きなやりがいを感じます。営業所というチームの一員として働いて、成果が上がれば私も一緒に喜べるのが営業事務をやっていて良かったと感じる瞬間です。

学生や入社を希望されている方へ、メッセージはありますか?

「地元就職は変化がなくて飽きるかも」と思っている方には、これまで見えなかった新しい町の姿を発見できて新鮮で面白いと伝えたいです。私の場合、愛電のお客様には久留米市の会社が多く、20年近く暮らしていても知らなかった町の工場などを再発見できるのが楽しいし、地元の企業に貢献できるというやりがいを感じます。また、実家や仲の良い友達も近くにいる安心感もありますし、仕事に集中できる良い環境だと私は感じています。また、愛電は産休や育休などの女性が働きやすい環境が整っており、ワークライフバランスが取りやすいのも魅力。「地元で長く働きたい」とか「地元に貢献したい」と考えている人にとって、愛電はとても良い職場になると思います。

入社を決めた理由

入社を決めた理由

私は福岡県にある女子大に進学し、就活を始めた当初から、生まれ育った久留米市で働くつもりでした。愛電の福岡営業所は1982年に久留米市に開設していましたが、就活するまでは正直、どんな会社か知らなかったです(笑)。愛電の求人をたまたま見つけて、すぐに応募しよう決めた理由は「ものづくりを支える商社」という理念に興味を惹かれたからです。文系の大学だったこともあり、入社するまでFA機器のことはよく分かっていませんでしたが、「商社なのにものづくりを支えるってどういうことなのだろう」と不思議に思ったのがきっかけです。また、面接をするなかで愛電はFA機器の商社でありながら、技術部を持ち設計から配線、制御装置の開発まで手がけていることを知り、幅広い商材とサービスを提供し、さらに文系でもチャレンジできる会社だと魅力に感じて入社を決めました。

Privateプライベート

休日の過ごし方を教えてください。

休日は料理教室に通って、ケーキやパンなどをつくっています。また、大学時代や地元の友達と遊ぶこともあります。休日出勤や残業はほとんどないため、自分のための時間はしっかりと確保できています。

  • 新卒採用岡下 葵OKASHITA AOI
  • 新卒採用山岸 聖虎YAMAGISHI MASATO
  • 新卒採用山田 保之YAMADA YASUYUKI